23年式RAV4

藤沢市にお住いのF様より、23年式RAV4の買取をお任せいただきました!

人当たりが良く、常に笑顔のF様に癒されつつ、穏やかに進んだ商談でした。

今回はジムニーにお乗り換え。
納車を1週間後に控えた状態でのご来店でしたが、なんと1年も待ったそう。

ただ、もちろん次の車が楽しみな気持ちはありながら、このRAV4には愛着が人一倍あると教えて頂きました。

というのも、F様は下関に別荘をお持ちということで、

年に5回ほどは藤沢~下関間をこちらのお車を運転していたとのこと。

乗り心地が大変良く、お車との相性が良かったようです。 

   

実は、前回の車検前に手放す予定だったものの、未練が残っており

その時は乗り続けることを選ばれたそうです。

しかし、今回はこの車を大切に乗ってくれる人がいるのであれば…と

ご売却の決心がついたご様子でした。

   

この度はF様の大切な愛車をお任せいただきありがとうございました。 

新しいお車ともたくさんお出かけして素敵な思い出を作ってくださいね!

藤沢橋店 堀

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奇跡査定センター藤沢橋店

堀颯仁様 皆様

この度は、2011年9月以来乗ってきた愛車RAV4に関する売買契約について、有難うございました。堀様には諸情報を下さり、私が「愛車を手離す決心」をさせていただいたことを、深く感謝申し上げます。昨年9月以来、決心がつかずにおりました。

この車は、1996年初代を購入して以来、3代目のRAV4です。私、研究に専念するために、山口県下関に別邸を所有しており、2020年3月31日で定年退職するまで、年5回は藤沢~下関間を往復してきました。毎回公共交通機関ではなく、1000km強の道のり、愛車を一人で運転してきました。

車の運転が好きなことは、常人を超えていると思います。愛車への「いたわり」も強く、「約4,500kmでオイル交換、2回目のオイル交換時にオイルエレメントを交換する」を守ってきました。故障修理が全くなく139,000km強走ることができたのは、この「いたわり」が主な理由、と考えております。また、通常、週3日の出校日に運転する以外、一般道を利用することが少なく、高速道路の走行が120,000km弱、ということも理由の一つと考えられます。

このRAV4を昨年の9月の車検前に手離そう、と思っていました。しかし、未練が残り、車検を受け、タイヤ交換までしてしまいました。

今日、堀様などから諸情報をいただき、手放す決心がつきました。

堀様をはじめとする、奇跡査定センターの皆様、心から感謝申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー